戸建賃貸への投資成功の秘訣

メリットを最大化しデメリットを最小化するのが成功の秘訣、というのは言うまでもありませんが、ではどうやってメリットを最大化しデメリットを最小化すればいいのでしょうか?

仲買業者は選ぶこと。これが第一です。リフォームや、ことによったら新築、広告や宣伝、雑多な事務処理などの賃貸物件の具体的な運用は通常は業者に一括委託します。業者によってできるサービスは違いますから、事前の調査が必要です。広告は知り合いの広告代理店に頼むなどのオプションを検討するためにもその業者のサービスの種類、得意不得意、評判などを調べておきましょう。評判はインターネットの掲示板にも結構書き込まれています。

仲買業者次第ではありますが、入居者とのコミュニケーションも視野に入れておくといいでしょう。「大家といえば親も同じ店子と言えば子も同じ」などという親密なコミュニケーションは忌避される時代ですが、最低限のつながりは保っておき、定期的に住居に不都合はないか尋ねてみるといいかもしれません。「大家が親身」というのが借家の価値のひとつだというのは変わりません。

不動産投資としてみた場合のデメリットを回避するためには業者との親密な連携がキーとなります。住宅のトレンドに合ったリフォーム、物件の周辺住民の評価や反応、効果的な宣伝などは業者が押さえていますが、決定権は賃貸物件のオーナーにあります。業者から情報がこまめに上がってくるならよし、来なければ取りに行くくらいの気構えで臨みましょう。オーナーのやる気は業者のやる気にもつながります。

戸建賃貸は不動産投資としての規模は大きいものではありません。しかし、初期投資やリフォーム時の投資額は大きく、回収に時間がかかります。入居者の質は高く、家賃の滞納や住居の故意による破壊損傷などは考えられず、また、居住期間も長い。植物を手入れするように長い目で損益を考えていくことが重要です。