戸建賃貸への投資の問題点

不動産投資として戸建賃貸を見た場合デメリットもあります。まず、初期投資が少なくないことが挙げられます。使わなくなった自宅を貸すにしても相続した田舎家を貸すにしても賃貸にする場合リフォームが必要となります。眠っている土地で戸建賃貸を始めるのであれば新築費用がかかります。一戸建てであるがゆえにその費用は一軒の賃貸から回収しなければならず、初期投資の回収までに長い期間が必要となる可能性があります。

そしてもうひとつ。不動産投資というより経営にあたる部分ですが、入居者が周囲とトラブルを起こした場合、責任が住宅のオーナーである投資者自身に降り掛かってくる可能性があるということです。庭木の枝が隣家の塀を越えたとか、町内会活動にまったく参加しないなど、マンションやアパートと違い入居者の裁量が大きい戸建賃貸だからこその問題もあります。基本的には住民間のトラブルは入居者の問題ですが、住宅の価値が下がれば不動産投資としても問題ですので積極的に関与したほうがよい場合もあります。この辺は契約時のチェックや約款の整備などをきちんとすればある程度避けられます。

不動産投資としてのメリットとして長期契約が多いということを挙げましたが、これは逆もまた真で、いったん空いてしまうとその期間が長期化する可能性があるということです。戸建賃貸の物件数は多くありませんのでわりとすぐ入居者が決まるのが通ですが、入居者が退去した後のリフォーム期間で引っ越しのピークを外してしまい入居者が現れなかったと言うような場合、次のピークまで空きのままだということがありえます。

引っ越しをする時期はだいたい限られており、戸建賃貸の契約をするような安定収入のある入居者は人事異動の時期だと思っていいでしょう。退去も人事異動の時期ですからリフォーム期間との兼ね合いで退去前に広告を出してしまうなども考慮すべきです。