戸建賃貸への投資の魅力

不動産投資は「継続性」が重要です。例えばアパート経営の場合、空き部屋が出るとその分の賃貸料はないわけですから収入減となります。空いている期間が長いほど損なわけですから賃貸情報誌に広告を打ったりして入居者を勧誘します。入居期間が短ければ、その分勧誘のための広告費などの経費は増えていきます。部屋数が多ければその費用は部屋数分かかってしまいます。戸建賃貸の場合は、住宅一戸につきひとつの広告ですみます。

また、戸建賃貸は入居期間も長い傾向にありますし、家賃が高いのである程度安定した収入のある入居者しか契約できませんから、賃貸でありがちな滞納も少ない傾向にあります。長い期間一定の家賃が滞りなく回収できる。それが不動産投資としてのメリットになります。

また、使用する土地の形に制限がないことも不動産投資としてのメリットになります。例えば、角地や都市計画で削られたりしたちょっと変わった形の土地を持っているとして、アパートは建てられないかもしれないけれども一戸建てならば設計次第で十分建てられます。眠っている土地を活用できるという面でも戸建賃貸の不動産投資は魅力的です。

戸建賃貸の不動産投資としてのメリットはまだあります。それは交通の便が多少悪くても入居者が見込めるということです。マンションなどではいわゆる「駅チカ」に需要が集中し、郊外の物件には空き部屋が出ることも多いですが、戸建賃貸の場合、自家用車での通勤圏内ならば需要が見込めます。一戸建てであるため駐車場代がかからず自家用車の運用も容易です。安い土地を高く使うのは不動産投資の基本です。