戸建賃貸とはどういう不動産投資なのか

不動産投資にもいろいろありますが、一戸建ての家をまるまる貸して家賃収入を得る、いわゆる「戸貸し」がここでいう戸建賃貸にあたります。

賃貸住宅の情報誌を見ると、戸建賃貸は高級マンション以上の家賃で貸し出されています。庭付きの家と隣家と壁一枚でしか区切られていないマンションでは比べようもないわけですが。

戸建賃貸は入居者側から見ると、住宅の使用に際して、「入居者の裁量の幅が大きい」「豊富な収納スペース」「プライバシーの確保」、そして何より賃貸とは言え「自分の家を持った満足感」があります。土地さえ確保できるのならば自分で家を建てたときのローンと実は同じ程度の賃貸料になったりするのですが、おいそれと土地は買えないわけですし、たとえ買えたとしても固定資産税を払うのも大変です。条件の合う物件があれば「建てたつもり」で賃貸したほうが気楽だったりもするわけです。不動産投資として戸建賃貸を考えるならば、こういった入居者側のニーズも把握しておいたほうがいいでしょう。

不動産投資として戸建賃貸を始めるならば、賃貸する住宅を用意するところから始めなくてはなりません。子供と同居することになったので使わなくなった自宅を貸したい、田舎の土地と建物を相続したのでスローライフにあやかってそのまま貸し出そう、など様々なトリガーはあるでしょう。とりあえず賃貸住宅ですから貸すべき住宅を用意しなければ不動産投資も始まりません。

住宅を用意したならば、その住宅をリフォームするなりして入居者に魅力あるものとして仕立て、入居者を募ります。が、その前に、住宅のメンテナンスや家賃、入居者が可能なこと(庭は家庭菜園にしてもよい等)を約款として作り上げましょう。その上で入居希望車が来れば契約、晴れて不動産投資は開始されます。